清水エスパルスU-14 スペイン遠征2016レポート・後編

14141804_1168049236590320_2248212695974897775_n
2016年8月26日から9月4日の日程で、清水エスパルス U−14の皆様がスペインのバルセロナ、バレンシアにて遠征を行いました。(前編はこちら

 

14212656_1168049279923649_564581636773393554_n
14202492_1168049296590314_6546518975397952545_n

選手達がビジャレアルBチームのトレーニングを見学している間、清水エスパルスのスタッフはビジャレアルのスタッフの案内でクラブオフィスや選手寮などを見せてもらいました。

 

14202484_1168049316590312_6593380085597496966_n
14212089_1168049356590308_7282664538440642856_n

また、アテンドである尾崎剛士の通訳を通して、ビジャレアルがもつ育成哲学や他では聞けない育成事情など、非常に中身の濃い話を聞かせてもらいました。清水エスパルスが持つ育成哲学などについてディスカッションする場面もあり、スタッフにとってとても充実した時間になったようです。

練習やトレーニング施設を見学した後は、ホテルに戻って昼食を食べ、少し休憩をとりました。休憩後、今遠征に多大なるご協力をいただいているグリコ様の会社紹介を選手向けに行いました。選手にとっては普段からサポートいただいているスポンサー様のことを改めて知ることができる良い機会となりました。

 

14212011_1168049423256968_8352212046689737558_n
14064061_1168049649923612_3143857341396806157_n

夕方からは、前日に行ったレバンテUDとの強化試合をもとに分析ミーティングを実施しました。実際にクラブが使用している分析メソッドを使用し、攻守における課題などをビデオを使いながら分析を行いました。
 
分析ミーティング後は、当初予定していたレバンテコーチによるトレーニングを変更し、連戦の疲労を解消するためのリカバリートレーニングを行いました。

 

14222105_1169159953145915_6823872789495696026_n
遠征6日目からついにグリコインターナショナルチャレンジカップが開幕します。
朝食後、選手・コーチ陣は予選リーグを戦うためアルボラヤUDのホームスタジアムへ向かいました。

 

14237590_1169160119812565_6847334772407057609_n
14202704_1169159999812577_3111304677532970315_n

初戦は世界的にも知名度の高い、リーガ・エスパニョーラ1部に所属するバレンシアCFでした。試合は拮抗した状態が続き、お互いにチャンスを作る展開となりましたが、0-0で前半を折り返します。

 

14199779_1169160003145910_1300013304587491080_n
14237750_1169160043145906_1951364494144086074_n

後半開始後、最初のチャンスをバレンシアCFがものにします。その後、0-1でリードされる状態がしばらく続き、そのまま試合が終わるかと思われた終盤、清水エスパルスが同点に追いつきます。試合はイーブンのまま終了し、初戦は引き分けに終わりました。

 

14117708_1169159959812581_8727750329580080725_n
14237680_1169160123145898_2163760805556039719_n

第2試合である同じグループのバレンシアCFとUDアルシーラの対戦が終了した後、第3試合UDアルシーラとの試合を行いました。直前の試合でバレンシアCFが2-1で勝利したため、引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まる状況でした。

 

14233181_1169160163145894_9057026903203757159_n
試合では序盤から相手を圧倒し、早い時間帯で2得点を積み上げ、アドバンテージを持って試合を進めていきます。その後失点をするもののさらなる追加点をあげ、4-1で試合を終えました。

予選リーグ全てを終え、バレンシアCFと勝ち点4で並んだものの、得失点差で清水エスパルスが1位通過を決めました。この結果により翌日の準決勝では、何人もの選手をトップクラブに輩出する強豪街クラブ、アルボラヤUDと対戦することになりました。

 

14224960_1170805469648030_6650819777094843191_n
遠征7日目から、グリコインターナショナルチャレンジカップの決勝トーナメントが始まります。準決勝の相手は、私たちが宿泊している街アルボラヤの地元クラブ、アルボラヤUDでした。地元クラブなだけあり、観客席は多くのアルボラヤサポーターが詰めかけました。

 

14199275_1170805516314692_7620289587952913086_n
14142067_1170805522981358_7581917781601727511_n

試合開始前、主審が到着しないというハプニングもありましたが、なんとか30分遅れで試合が始まります。前半開始3分、早々に清水エスパルスが先制点を奪います。その後続けて追加点をあげ、一気に2-0とリードを広げ前半を終えました。後半にもさらに追加点をあげ、4-1で危なげなく勝利しました。

 

14222134_1170805566314687_3736749005139548374_n
14021601_1170805582981352_2035419720754347306_n

決勝戦はお互いに一度対戦していたこともあり、拮抗した展開が続き、そのままスコアレスで前半を終えます。後半が始まってもお互いの良さを消し合う試合展開が続き、なかなかゴールを奪うことができませんでした。そんな中、清水エスパルスがクロスボールを押し込んで先制点をあげました。その後そのままリードを守りきり、見事清水エスパルスがグリコインターナショナルチャレンジカップのタイトルを獲得しました。

 

14238300_1170805619648015_1491601897899002888_n
14212647_1170805642981346_6071978283413682780_n

今回の決勝戦をもって、今遠征で予定されている強化試合はすべて終了しました。ここまでそうそうたる強豪クラブを相手にしてきたにもかかわらず、戦績は6勝1分けと素晴らしい結果に終わりました。今遠征を通して言えることですが、決して大きいとは言えない小柄な日本人選手達が一回り大きいスペイン人選手達に対して負けずに競り合っている姿は大変見応えのあるものでした。戦績だけを見ると選手達とって手応えのあまりない遠征だったように感じるかもしれませんが、勝てるか勝てないかといったギリギリの戦いを経たことで、選手達や監督陣にとって大きな財産となったはずです。

 

14232408_1171467499581827_7638508240065281758_n
遠征8日目は、午前中にバレンシア市内の観光を行いました。バレンシア市内までは地下鉄を利用して移動し、その後2グループに分かれて観光を行いました。

 

14141992_1171467579581819_7468536151695687100_n
14202497_1171467599581817_3860911797657879210_n
14264092_1171467552915155_5120848161027046057_n
14202707_1171467636248480_2297878754261761454_n

選手達は道中のお土産屋さんで買い物をしたり、バレンシア市内の見所でもあるカテドラル(大聖堂)や街並みの写真を撮ったりして楽しんでいるようでした。

 

14192134_1171467512915159_3686541512182410806_n
14184472_1171467532915157_3685253475690825507_n

途中で寄ったバレンシア中央市場では、日本の市場とは違った果物や野菜、そして活気ある雰囲気を楽しみました。

 

14224873_1171467669581810_3055012894558926789_n
14192695_1171467746248469_2540247042340859697_n

市内観光からホテルに戻ったあと昼食をとり、午後のトレーニングに向けて準備を行いました。ホテルからバスでバレンシアCFの練習場へと移動し、普段バレンシアCFの下部組織がトレーニングしている場所でトレーニングを行います。バレンシアCFのコーチによるトレーニングでは、簡単なウォーミングアップから始まり、対面パス、ロンド(ボール回し)、ポゼッション、試合形式のトレーニング、最後にPK合戦というような流れで進んでいきました。連戦明けということもあって比較的シンプルな内容となっており、選手達は多少の疲れは見えつつも最後までこなしました。

 

%e3%82%b9%e3%83%98%e3%82%9a%e3%82%a4%e3%83%b3%e9%81%a0%e5%be%81-%e5%be%8c%e5%8d%8a_4061
%e3%82%b9%e3%83%98%e3%82%9a%e3%82%a4%e3%83%b3%e9%81%a0%e5%be%81-%e5%be%8c%e5%8d%8a_9958
%e3%82%b9%e3%83%98%e3%82%9a%e3%82%a4%e3%83%b3%e9%81%a0%e5%be%81-%e5%be%8c%e5%8d%8a_9587
%e3%82%b9%e3%83%98%e3%82%9a%e3%82%a4%e3%83%b3%e9%81%a0%e5%be%81-%e5%be%8c%e5%8d%8a_2281

トレーニング後、コーチ陣達の厚意もあり、施設内を見学させてもらいました。施設内はバレンシアCFのチームカラーである白、黒、オレンジが配色として使われていたり、扉や壁のいたる所にエンブレムが描かれており、選手やスタッフが常にクラブの一員であることを想起させる工夫がされていました。ホテルに戻ってからは夕食の時間まで少し休憩をとりました。スペイン滞在最後の夕食を食べ、各々部屋に戻って就寝しました。

遠征最終日には日本へ帰国となります。ホテルからバレンシア空港まではバスで移動しました。バレンシア空港からはフランクフルト経由でトータル13時間弱の長旅をし、無事に羽田空港へと帰国しました。

【弊社の海外研修サポートについてはこちらをご覧ください】

 

当遠征の様子は清水エスパルス様の『育成だより』でもご覧いただけます。こちらも是非ご覧ください。

清水エスパルス様の『育成だより』はこちら