小澤一郎『サッカークリニック12月号』掲載記事のお知らせ「『ビルドアップ』、『ゾーン1』、『中央』という3要素がそろったら、リスクを意識する」

小澤一郎『サッカークリニック12月号』掲載記事のお知らせ「『ビルドアップ』、『ゾーン1』、『中央』という3要素がそろったら、リスクを意識する」

<小澤一郎 掲載記事のお知らせ>

サッカークリニック 2016年12月号(11/5発売)
特集「ビルドアップ」を学ぶ
「『ビルドアップ』、『ゾーン1』、『中央』という3要素がそろったら、リスクを意識する」

 

FCバルセロナやスペイン代表が試合で用いるビルドアップを参考にしている日本のチームや指導者は多いだろう。

「輸入」の段階でノイズは発生していないのだろうか?

小澤一郎が実際に現地での取材も行い日本とスペインでのビルドアップの違いや日本のビルドアップの指導における課題を述べています。

ぜひ、ご一読ください。


 
title_pc1 (1)

athlete club
小澤一郎「投じる育成」
http://athleteclub.net/ichiro_ozawa/
 
「育成でしか、変えられない」
 
サッカージャーナリストの小澤一郎はそう考えています。
 
「投じる育成」では、スペインと日本で育成年代の指導に携わった経験を持つ小澤がジャーナリストとして日本のサッカー界、スポーツ界に“一石を投じる育成”を論じながら、株式会社アレナトーレのスポーツマネージメント事業部で行なっている“投資する全く新しい育成”のプログラム内容を特別に一部公開します。
 
なお、当athlete clubの売上の一部は、株式会社アレナトーレが投資する全く新しい育成プログラムのために使用させて頂きます。
 
つまり、メンバーとなって頂くこと自体がトップアスリートの育成、人間教育に投じるアクションとなります。
http://athleteclub.net/ichiro_ozawa/
 
athlete clubについてはこちら
http://athleteclub.net/