小澤一郎『サッカークリニック1月号』掲載記事のお知らせ「スペインの指導者に聞く イオン・サバレタ/ディレクター(アニョルガKke/スペイン)」

小澤一郎『サッカークリニック1月号』掲載記事のお知らせ「スペインの指導者に聞く イオン・サバレタ/ディレクター(アニョルガKke/スペイン)」

<小澤一郎 掲載記事のお知らせ>

サッカークリニック 2017年1月号(12/6発売)
スペインの指導者に聞く
イオン・サバレタ/ディレクター(アニョルガKke/スペイン)
「切り替え局面で『何をし、できるか』がその後の攻撃と守備の局面の質を決める」

 

FCバルセロナがポゼッション・スタイルから3トップを活かした速攻へと変化し、アトレティコ・マドリードはアグレッシブなスタイルで近年、結果を残し続けています。
色々なスタイルが混在するスペイン・サッカー界では「攻守の切り替え」はどのように認識されているのか?

13年から古巣アニョルカKkeに戻り、男子と女子のスポーツ・ディレクターとしてクラブのプレー・モデルやメソッドの統一を図っているイオン・サバレタ氏に小澤一郎がインタビューしました。

また、スペインで指導する尾崎剛士の「奪われたあとのプレスと素早いプレスバック」をテーマにしたトレーニング・メニューを紹介しています。

ぜひ、ご一読ください。


 
athlete club 小澤一郎の「投じる育成」イベント

「16年シーズンのプレー分析から新たにわかったこと」

 15年12月にathlete club小澤一郎の「投じる育成」を開設してから1年が経過します。

title_pc1 (1)

 株式会社アレナトーレのスポーツマネージメント事業部では2016年シーズン、坪井健太郎氏、尾崎剛士氏の2人による選手向けのプレー分析を継続的に行ってきました。

 坪井氏の一時帰国にあたり、ワンシーズンをかけて蓄積してきたプレー分析の成果を特別に公開したいと思います。

 また、第1部では小澤一郎がイベント直前まで取材・視察を行ったドイツとスペインでの最新情報(メディアで書く予定はありません)をフィードバック致します。

 

application-event

 

【日時】
2016年12月6日(火)
19:20~21:30(受付:19:10~)

【内容】
第1部:ドイツ、スペインの視察報告(小澤一郎)
第2部:16年シーズンのプレー分析から新たにわかったこと(坪井健太郎)

【会場】
ハロー貸会議室渋谷Ⅲ
〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町3-24 カコー桜丘ビル3階

<アクセス>
JR山手線 渋谷駅 南改札 西口 徒歩2分
JR埼京線 渋谷駅 新南口 徒歩5分
東急田園都市線 渋谷駅 8番出口 徒歩4分
京王井の頭線 渋谷駅 徒歩6分


その他の詳細はこちら