athlete club 「投じる育成」 『我々が育成年代の選手をスペインで練習参加させる理由』 〜選手向けスペイン研修報告会 con 日本一のパエージャ〜

athlete club 「投じる育成」 『我々が育成年代の選手をスペインで練習参加させる理由』 〜選手向けスペイン研修報告会 con 日本一のパエージャ〜

【参加受付中(2月4日(土)12:00まで)】

2月5日(日)19:00~21:30

athlete club 「投じる育成」

『我々が育成年代の選手をスペインで練習参加させる理由』
〜選手向けスペイン研修報告会 con 日本一のパエージャ〜

title_pc1 (1)

(株)アレナトーレでは17年1月にサポート選手である育成年代の2選手向けに一週間のスペイン研修を開催しました。高校生の選手Aは5部クラブのトップチームとユースチーム、大学生の選手Bは4部クラブのトップチームで練習参加をし、彼らは「サッカー選手としてレベルアップするために必要なこと」を整理して帰国しました。

今やチームでの海外遠征のみならず個人レベルでの海外の長短期サッカー留学、練習参加も珍しくない現状となりましたが、我々には「育成年代の選手をスペインで練習参加させる理由」が明確にあります。もちろん、弊社のやり方が全てでも正解でもありませんし、今回のように海外で1週間や2週間の練習参加をしたところで劇的にサッカーが上手くなるわけではありません。

だからこそ、「海外をどう育成の場として使うのか」という視点で我々が長い年月をかけて少しずつ構築した選手向けのスペイン研修の中身を出来る範囲でオープンにしたいと思います。

今回選んだ土地は、「美食の街」で知られるバスク州のサン・セバスティアン。

研修場所と研修クラブの選定は最重要テーマとなりますが、それ以外にも実りある研修にするために我々が選んだ現地パートナー、練習参加以外のアクティビティ、宿泊方法などのチョイスも参加者の皆様には包み隠すことなくお伝えする予定です。

尚、今回のイベントは「日本一のパエージャ(パエリア)」がある『バルデゲー ららぽーと豊洲』にて開催します。パエージャの本場バレンシアで5年暮らし、一般的な日本人以上にパエージャを知るプレゼンターの小澤もここのパエージャには毎回舌鼓を打ちます。イベント当日はそのパエージャを筆頭に豪華なスペイン料理が並び、飲み放題も付いていますのでこちらもお楽しみに。

 

application-event

 

【日時】
2017年2月5日(日)
19:00〜21:30(受付:18:45~)

【会場】
バルデゲー ららぽーと豊洲
〒135-0061 東京都江東区豊洲2-4-9 1F 17930

【アクセス】
地下鉄有楽町線 豊洲駅 徒歩3分

【駐車場】
有:共有有料1000台
※イベント参加者は2時間無料となります。

【進行】
18:45~ 受付開始
19:00~ 乾杯&食事
19:20〜 スペイン研修報告会(プレゼンター:小澤)
21:30  終了

【参加費】
①一般(高校生以上): 7,000円(参加費+飲食代) 

②athlete club「投じる育成」メンバー: 4,500円(飲食代) 

③中学生以下(保護者同伴が条件): 2,000円(飲食代)  

※当日の会場受付時、「現金」にてお支払い下さい。

【募集人数】
30名程度(申し込み先着順)

【募集締切】
2月4日(土)12:00まで

【注意事項】
・イベントの音声収録、ビデオ撮影はご遠慮願います。
・写真撮影は一部可。(イベント当日に説明します)
・資料配布の予定はございません。

application-event

【主催】
athlete club、株式会社アレナトーレ

【協力】
バルデゲー ららぽーと豊洲

【問い合わせ】
event@allenatore.jp (担当:織部)までメールにてお問い合わせ下さい。

【登壇者プロフィール】
P1010780-3

小澤一郎(おざわ・いちろう)
1977年、京都府生まれ。サッカージャーナリスト。早稲田大学教育学部卒業後、社会人経験を経て渡西。バレンシアで5年間活動し、2010年に帰国。日本とスペインで育成年代の指導経験を持ち、指導者目線の戦術・育成論やインタビューを得意とする。多数の媒体に執筆する傍ら、サッカー関連のイベントやラジオ、テレビ番組への出演やスポナビライブ、スカパー!などで欧州の試合解説もこなす。これまでに著書6冊、構成書4冊、訳書5冊を出版。athlete club「投じる育成」ではスペイン在住の日本人指導者、坪井健太郎氏、尾崎剛士氏らと共にマスメディアには出てこないコア情報や指導現場のノウハウを発信中。株式会社アレナトーレ所属。