坪井健太郎『サッカークリニック11月号』連載記事のお知らせ「スペイン流の「戦術アクション」を学ぶ」」

坪井健太郎『サッカークリニック11月号』連載記事のお知らせ「スペイン流の「戦術アクション」を学ぶ」」

<坪井健太郎 掲載記事のお知らせ>

 

サッカークリニック 2017年11月号
スペイン流の「戦術アクション」を学ぶ
第1回 テオリア(理論)
文:坪井健太郎 構成:小澤一郎

 

この度、サッカークリニックにて坪井健太郎の新連載がスタートしました。
この連載ではスペインのサッカーの「戦術アクション」や「テクニック・アクション」の言葉の意味や定義を解説しつつ、スペインサッカーの指導方法を伝えていきます。

第1回目となる今回は、戦術項目をグループ戦術と個人戦術に分類した時に育成年代の選手にとって重要なのは「チームプレーの中での個人戦術」と述べられています。
その理由を「スライドの成功条件」、「コンテクストとは?」、「攻守の4フェーズ」をピックアップし、それぞれの中で解説されております。

是非、ご一読ください。