坪井健太郎『サッカークリニック2月号』連載記事のお知らせ「スペイン流の「戦術アクション」を学ぶ」」

坪井健太郎『サッカークリニック2月号』連載記事のお知らせ「スペイン流の「戦術アクション」を学ぶ」」

<坪井健太郎 掲載記事のお知らせ>

 

サッカークリニック 2018年02月号
スペイン流の「戦術アクション」を学ぶ
第3回 プロフンディダ(深さ)
文:坪井健太郎 構成:小澤一郎

 

この連載ではスペインのサッカーの「戦術アクション」や「テクニック・アクション」の言葉の意味や定義を解説しつつ、スペインサッカーの指導方法を伝えていきます。

第3回目となる今回は、「攻撃を機能させる深さ」を解説しています。
ボール保持者とボールを持っていない選手が適切な深さを取れることのメリットとは何なのでしょうか。

是非、ご一読ください。