イベント開催のお知らせ 「Talking with 渡辺夏彦」

イベント開催のお知らせ 「Talking with 渡辺夏彦」

6月3日(日)18:30~20:30
Talking with 渡辺夏彦
「大卒海外行きを実現した今、伝えたいこと」

今回のイベントでは、渡辺夏彦が自身の言葉で特に大学4年間におけるピッチ外での取り組みを語ります。そして、大卒海外行きを実現した今、彼なりにそのプロセスで見えてきたこと、日本と欧州(ドイツ)のサッカーの違い、そして日本サッカー界に伝えたいことを包み隠さず話します。

この6月に23歳となる若手選手が今何を考え、どこへ向かおうとしているのか。

彼の視点や経験を通して、世界の中での日本サッカーのリアルな立ち位置を知ってもらい、それぞれの立場で「今、これからやるべきこと」をクリアにしてもらえるようなトークイベントにします。是非、ご参加下さい。

 

application-event

 

【日時】
2018年6月3日(日)18:30~20:30(受付:18:15~)

【会場】
きゅりあん(品川区総合区民会館)「6F大会議室」 JR京浜東北線、東急大井町線、りんかい線「大井町」駅より徒歩1分
住所:東京都品川区東大井5-18-1

※アクセスはこちら

【内容】
①大学4年間を終えた今、伝えたいこと
②ドイツ3部を経験した今、伝えたいこと
③海外でのプレーを目指す選手と保護者に今、伝えたいこと
④育成年代の指導者に今、伝えたいこと
⑤質疑応答

【参加費】
①一般(18歳以上):2,000円
②高校生以下:無料
※小学生以下は保護者の同伴が必要です。

application-event

【主催】
株式会社アレナトーレ

【協賛】
FCアンビシャス

【問い合わせ】
event@allenatore.jp までメールにてお問い合わせ下さい。

【登壇者プロフィール】

natsuhiko_watanabe

渡辺夏彦(わたなべ・なつひこ)
1995年6月、東京都出身。ドイツ3部リーグ、VfRアーレン所属のミッドフィルダー。6歳上の兄の影響を受けてサッカーを始める。高校時には國學院久我山高校サッカー部に所属し、1年生ながらレギュラーとして活躍し、U-17日本代表にも選ばれる。3年次にはキャプテンとして再び全国高校サッカー選手権大会に出場し惜しくも初戦で敗退してしまうが、日本高校選抜メンバーに選出。卒業後は慶應義塾大学へ進学し、プロ入りを目指しながらスポーツビジネスを学ぶ。「日本代表のW杯優勝」に向けたプロジェクトの第一歩として、大学サッカー界を盛り上げることを考え、『ユニサカ』を企画。大学2年生の時には、関東大学選抜に選出されるなど活躍。4年次には2部リーグ降格が決定してしまったが、リーグ戦20試合に出場し、4ゴールをマークするなど活躍を見せた。卒業後、ブンデスリーガ3部に所属するVfRアーレンに加入。

Ozawa

小澤一郎(おざわ・いちろう)
1977年9月、京都府出身。早稲田大学卒業後、社会人経験を経て渡西。バレンシアで5年間活動し、2010年に帰国。日本とスペインで育成年代の指導経験を持ち、指導者目線の戦術・育成論やインタビューを得意とする。多数の媒体に執筆する傍ら、スペインのラ・リーガやUEFAチャンピオンズリーグの試合解説などを務めている。主な著書に『サッカー日本代表の育て方』(朝日新聞出版)、『日本はバルサを超えられるか』(河出書房新社)、『サッ カー選手の正しい売り方』(カンゼン)、『スペインサッカーの神髄』(ガイドワークス)、『アギーレ 言葉の魔術師』(ぱる出版)。訳書に『ネイマール 若き英雄』(実業之日本社)、『ルイス・エンリケ 最適解を導き出す信念と信頼のリーダーシップ』(カンゼン)など。坪井健太郎の著書、訳書の構成を担当。(株)アレナトーレ所属。