小澤一郎『サッカーを読む!Jマガ』掲載記事のお知らせ「岡田武史氏が指摘する横断幕問題とサッカーの文化的価値」

<小澤一郎 掲載記事のお知らせ>

 

サッカーを読む!Jマガ

岡田武史氏が指摘する横断幕問題とサッカーの文化的価値

 

シーズンが開幕して間もないJリーグ第2節、浦和レッズの一部のサポーターから差別的表現ともとれる横断幕が掲げられた。

これによりJリーグ初の無観客試合が行なわれたわけだが、福岡で開催されたサニックス杯国際ユースサッカー大会2014に視察に来ていた岡田武史元代表監督は、この問題をどのように捉えたのか。

「日本はそういうことに対する危機感が薄い」と語る同氏は、中国1部の杭州緑城で約2年ほど指揮官を務め、日中の間に横たわる政治的問題を肌で感じ、なおかつサッカーが持つ文化的価値についても目にしてきている。

そういった監督のコメントを受け、小澤一郎が「国際的に人種差別や差別に対して力を入れる理由」について言及しています。

是非、ご覧下さい。

[sharebox]