欧州スカウト来日セミナーレポート

7月12、13、14日の3日間に渡って、ファクンド・エルファンド氏による講習会が都内で開催されました。

スペイン、バレンシアに拠点を置く欧州エージェント会社のOML Sports Managementで国際部門スカウトの責任者を務めるファクンド氏は、アルゼンチン出身の元プロ選手であり、年代別のアルゼンチン代表選手としてアイマールやリケルメらと親交が深く、スカウトとしてはスペイン代表のジョルディ・アルバ(バルセロナ)、ブルーノ・ソリアーノ(ビジャレアル)といったタレントの発掘と契約締結に貢献しました。そんな手腕を持つ同氏が欧州エージェント会社の仕事内容や緻密な移籍ビジネス戦略を3日間それぞれ異なったテーマでレクチャーしてくれました。

3日間のセミナーでは、日本ではいまだ馴染みのない投資ファンドマネーを活用した選手の獲得・売却方法や、今夏ファクンド氏自身が仕掛けたセルビア人2選手のベンフィカへの移籍プロセスについてのリアルな話など、欧州移籍マーケットの最前線に身を置く彼ならではの貴重な話が聞けました。また、来日中にJリーグの試合など数試合を視察し、日本人選手を生で見た印象と選手の鋭い分析、今後日本のサッカー環境においていかにタレントを発掘・育成していくかという提言も話してくれました。

今回のセミナーは、欧州最前線の移籍市場の裏側だけでなく、今後日本がどのように働きかけていくのかというヒントも見えたと思います。

連休での開催だったとは言え,3日間全ての講習会に参加していただけた方も多く、また、指導者から代理人を目指す高校生まで幅広い方々に足を運んでいただき、本当に感謝しております。
講師を務めていただいたファクンド・エルファンド氏も初めての日本を大変喜んでいただけたようで、また日本でこういった講習会が開催できればと考えております。
今後とも引き続きよろしくお願い致します。