鈴木隆二氏によるサッカーのためのフットサル講習会レポート

ryuji-suzuki

7月29日、ボンフィン・フットボールパーク落合南長崎にて、鈴木隆二氏による講習会が開催されました。

鈴木隆二氏は、フットサル元日本代表の選手であり、現在はスペインのSala 5 Martorellでプレーしています。また、選手としてのキャリアを続ける一方で指導者としての勉強もしており、スペインのフットサル指導者資格レベル1を取得しています。そういったスペインで選手・指導者の両方の立場としてフットサルに携わる鈴木氏の話は非常に興味深いものばかりで、育成年代においてフットサルがなぜ有効なのかという話は非常に説得力を持っていました。おそらく、ご参加していただいた多くの皆様にも、「フットサルとサッカーを全くの別物として考えることは良くないのではないか?」と感じられたはずです。

そして、平日の夜に遅くまでご参加頂いた皆様、本当にありがとうございました。また、お申込頂きながらお断りせざるを得なかった方、本当に申し訳ありませんでした。そして何より、一時帰国中のお忙しい中、急遽弊社オファーを快諾頂き、この日のために入念な準備を重ねて頂いた鈴木隆二さんには心から御礼申し上げます。

今後も(株)アレナトーレは継続的に育成視点で日本サッカーを「より良くする」ためのイベントや講習会を開催していく予定です。今後とも引き続き、よろしくお願い致します。