トラウムトレーニング 内藤清志氏講習会 〜第2回テーマ:「運ぶ」〜


 

P1020877のコピー

 

10月26日(日)、町田にて『トラウムトレーニング 内藤清志氏講習会〜第2回テーマ:「運ぶ」〜』を開催致しました。

前回の「止める」につづく今回のテーマは「運ぶ」。今回もトラウムトレーニング総監督を務める内藤清志氏をお招きして、「いかに体をボールと一緒に自由に運べるか」という大きなテーマのもと、「ボールを自由に扱う」「自分の体を思い通りに運ぶ」「相手を操る」この3点をマスターすることを目標にトレーニングを実施していただきました。

最初に行ったメニューは密集の中でボールを運ぶメニューでした。ここでは、ボールを運んでいるときに相手と出会ったらどのようにして体と足をリンクさせ、ボールをコントロールするかということに焦点を当てていました。

 

P1020874のコピー

 

続いてメニューは体を運ぶことを学ぶメニューへ。まずはボールを使わずに正しいフォームで走るだけのものでしたが、受講者の方々がフォームの修正に苦戦されている姿が多く見受けられました。その後のボールを使ったメニューで内藤氏は、体にブレーキをかけずに「アクセル」だけで走り、ボールを運ぶことを強調されていました。

 

P1020901のコピー

 

比較的運動量の多いメニューが続いたため、休憩を挟み講習会は後半へと移行していきます。

後半最初のメニューはバーを使ったメニューでした。こちらもボールを使わずに地面に設置されたバーをステップで越えていきながら、「自分の体を思い通りに運ぶ」ことを目的に進んでいきました。内藤氏は、股関節の可動域を意識しながら、自然なリズムで腕を振り、体の軸を中央に残しながらステップを踏むことをポイントとして挙げられていました。

 

P1020919のコピー

 

メニューは再びボールを使ったものになり、ここでは「相手を操る」ことを目的にしたメニューが実施されました。出し手、受け手、DFの三役に分かれ、受け手はDFの動きを見て判断しボールを止めます。このとき受け手は自分の「矢印」を利用し、DFを操ることを意識するように内藤氏は説明していました。

 

P1020936のコピー

 

最後に、この日行ったメニューを総合的に取り入れたまとめのメニューを行い、より実践的な状況でこの日の復習を行いました。

その後質疑応答を経て講習会は盛況のうちに終了しました。

 

P1020950のコピー

 

受講いただいた参加者の皆様、ならびに会場を提供していただきましたフットサラ町田の関係者の皆様、そしてご多忙の中、当講習会を担当していただきましたトラウムトレーニング内藤清志氏に心より御礼申し上げます。

今後も株式会社アレナトーレは日本サッカーの発展に寄与される方々の学びの場をご提供できるよう尽力してまいります。

次回のトラウムトレーニング講習会は11/16(日)20時〜22時よりフットサラ町田にて開催予定です。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。