トラウムトレーニング 内藤清志氏講習会 〜第1回テーマ:「止める」〜

traum_1_1
traum_1_2

9月28日(日)、町田にて『トラウムトレーニング 内藤清志氏講習会〜第1回テーマ:「止める」〜』を開催致しました。

このトラウムトレーニングは、個人技術や個人戦術に特化したトレーニングにより少年少女年代から正確な技術を習得し、「本当の意味で自由にサッカーを楽しんでほしい」という思いの下、風間八宏氏(元筑波大学蹴球部監督・現川崎フロンターレ監督)によって設立されたサッカースクールです。

今回はそのトラウムトレーニングの設立時から指導に携わり、現在は総監督を務める内藤清志氏に講師を担当していただきました。

この講習会は弊社では初の試みとなる継続開催(全6回)となり、第1回目である今回のテーマは「止める」でした。トレーニングはこの「止める」というサッカーの基礎である行為にフォーカスしたメニューを中心に行われていきました。

最初のメニューはシンプルな2人組の対面パスでした。このメニューではプレッシャーのない中でどのようなキックも蹴れてどの方向にも動ける位置を探すという狙いを持って行われました。

traum_1_3

 

続いてメニューは三角形を作った中に受け手が1人入る3人+1人のパス交換へ移り、丁寧にボールを止めてから異なる方向へパスする動きを反復して行いました。パスのテンポが上がるにつれてボールを自分の位置に置くことが難しくなり、苦戦される受講者の方が見られてくるようになりました。

次にメニューは3人組のパスへと移行していきます。パスを受ける際に次の受け手が手を上げていればパスをリターン、手を上げていなければそのままパスを出すというルールで行われたこのメニューでも、やはりどちらの受け手にもパスできる位置にボールを置くという目的を持って行われました。

その後メニューはDFをつけて少しずつ実践的なものへとステップアップしていきました。受け手が出し手のタイミングを見計らってボールを受けるメニューでは、「出し手の青信号を感じる」という内藤氏の言葉を意識し、回を重ねるごとにボールを受けるタイミングが改善されていく受講者の方が多く見られました。

traum_1_4

 

最後にこの日行ったメニューを総合的に取り入れたまとめのメニューを行いました。より実践的な状況では、ボールを自分の位置に止めることに加え、「相手のベクトルを利用することが重要」と内藤氏は説明されていました。

その後質疑応答を経て講習会は盛況のうちに終了しました。

traum_1_5
traum_1_6

今回の講習会では関東からお越しの方はもちろん、大阪、愛知、静岡など遠方からお越しいただいた受講者の方々もいらっしゃいました。今後も当講習会を継続して受講していただき、その学びをより深いものにしていただければ幸いです。

最後に、日曜日の夜にもかかわらず受講いただいた参加者の皆様、ならびに講習会会場を提供していただきましたフットサラ町田の関係者の皆様、そしてご多忙の中当講習会を担当していただきました内藤清志氏に心より御礼申し上げます。

今後も株式会社アレナトーレは日本サッカーの発展に寄与される方々の学びの場をご提供できるよう尽力してまいります。

次回のトラウムトレーニング講習会は10/26(日)20時〜22時よりフットサラ町田にて開催予定です。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。