大宮アルディージャU−15 スペイン・バレンシア遠征


wpid-img-20140814-wa00061

 

8月21日、22日の2日間に渡ってスペイン・バレンシアで行われたU−15 国際トーナメント大会に大宮アルディージャU―15が参加しました。今大会は弊社がアルボラヤUDとともにコーディネートし、バレンシア州の強豪クラブを招待する形で開催されました。

参加クラブは、バレンシアCF・ビジャレアルCF・ウラカンバレンシア・アルボラヤUD(A・B2チーム)、そして日本から大宮アルディージャです。大会形式は1日目に3チームに分かれた2グループで総当たり戦を行い、2日目に決勝トーナメントを行う形がとられました。

 

大会1日目、バレンシアCF、アルボラヤBと同じ組に入った大宮アルディージャU―15は、初戦でバレンシアCFに惜しくも0−2で敗れましたがアルボラヤBに1−0で勝利し、予選リーグを2位で通過しました。

大宮アルディージャ5
大宮アルディージャ2

大会2日目、決勝トーナメント初戦の相手はビジャレアルCFでした。スペイン国内の育成年代において屈指のクラブと言われているビジャレアルCFとの試合は大宮アルディージャにとって世界の力を感じる貴重な機会となりました。

大宮アルディージャ1

 

試合は開始早々に失点を許し、追加点も取られ前半を折り返します。しかし後半に奮起した大宮アルディージャは、怒濤の攻撃を仕掛け2点を取り返し、試合の決着は3本勝負のPK戦へともつれこみました。そのPK戦は2本目のPKを大宮アルディージャGKが見事にセーブし、3−2で勝利し大宮アルディージャは決勝戦へと駒を進めました。

迎えた決勝戦。相手は予選リーグで敗れたバレンシアCFです。大宮アルディージャのリベンジが期待されます。

大宮アルディージャ3

 

前半、大宮アルディージャは高いテクニックを活かしてポゼッション率を高めることで、相手陣地へとじわじわと侵入していきます。しかし、相手も一度戦った経験を活かしてキープレーヤーをいち早く潰すことでそれを許さず、速い切り替えでカウンターアタックを狙ってきます。そんな中、自陣でボールを失い、そこからバレンシアCFがゴール。切替の速さを活かしたゴールを決められてしまいます。
しかし、アルディージャも最後まで頭を下げずに戦い、後半残り2分のところで、右サイドから崩し、そこから中に切り込みシュートを放ちましたが惜しくも左ゴールポストをかすめ試合終了。0−1で破れ、準優勝という結果となりました。

大宮アルディージャ4
大宮アルディージャ6

惜しくも準優勝という結果に終わった大宮アルディージャU―15ですが、GKの選手が大会最優秀GK賞を受賞するなど、大会関係者たちからの評価も高くその存在感を見せつけることができたようです。そして何より、シーズン開幕を間近に控えたスペインの強豪クラブと真剣勝負を挑めた今回の経験は選手やスタッフたちにとってとても貴重な経験になったのではないでしょうか。

今回ご協力いただいた関係者の皆様、そして大宮アルディージャの皆様、誠にありがとうございました。

弊社は今後もこのようなスペイン遠征のコーディネート、アテンドという形で選手、指導者の皆様が成長できる場を提供してまいります。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

 

※今回の大宮アルディージャのスペイン遠征をアテンドした弊社所属の尾崎剛士のブログも是非、ご覧ください。

『大宮アルディージャ バレンシア遠征』

※アルボラヤUDのHPによる今大会の簡易レポートもご覧ください。(スペイン語)

http://alborayaud.com/torneo-internacional-sub-15-aud/