トラウムトレーニング 内藤清志氏講習会 〜第6回テーマ:「シュート②・まとめ」〜

report6_1

 

3月1日(日)、町田にて『トラウムトレーニング 内藤清志氏講習会〜第6回テーマ:シュート②・まとめ〜』を開催しました。

今回は、これまでに行なってきたトレーニングのまとめを行うとともに、第5回で学んだシュートの要素をさらに発展させたメニューを実施し、理解を深めていきました。

最初に行なったのは、2人組のパス交換のメニュー。この講習会で必ず行うこのメニューでトラウムトレーニングの基礎となる技術を再確認しました。

続いてメニューは三角形を作った中に受け手が1人入る3人+1人のパス交換へ移り、丁寧にボールを止めてから異なる方向へパスする動きを反復して行いました。

 

report6_3

 

次に、受け手が動きながらボールを受けるメニューを行いました。ここでは出し手が受け手の合図を感じること、受け手が敵の重心移動や視野を意識することを確認しました。また、出し手を2人に増やしたメニューも続けて行い、お互いの状況を意識しながらパスを出し、受けることを学びました。

 

report6_4

 

その後、メニューはシュートを取り入れたものへ移行していきました。

最初に行なった、パスを受けてシュートするシンプルなメニューでも、受け手が相手を外して合図を出すという点は変わりません。出し手のパスの質もここでは求められました。

 

report6_6

 

続いて、敵に見立てたコーンをゴール前に数本置き、ポジショニングを意識してシュートを狙うメニューを行いました。コーンを実際のDFに置き換えると受け手は外す動きが必要になる上に、出し手のパスの精度も求められるため非常に密度の高いメニューとなりました。

 

report6_8

 

最後に背後から投げられたボールをワンバウンドでシュートするメニューを行いました。ボールが浮いている状態では、あごが早く上がってしまい、身体全体、特に骨盤のあたりが上に向いてしまう事が多いので、上半身をかぶせるイメージで強いシュートを打つことを意識しました。

 

report6_9

 

今回がトラウムトレーニング講習会の最終回ということもあり、質疑応答の時間を普段より長くとって受講者の方々と、内藤氏で意見交換を行いました。全6回すべての回に参加された方も多く、非常に有意義な質疑応答の時間になったのではないでしょうか。

 

report6_7

 

あいにくの雨の中、受講いただいた皆様、ならびに会場を提供していただきましたフットサラ町田の関係者の皆様、そして全6回にわたり、当講習会を担当していただきましたトラウムトレーニング内藤清志氏に心より御礼申し上げます。

今後も株式会社アレナトーレは日本サッカーの発展に寄与される方々の学びの場をご提供できるよう尽力してまいります。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。


動画配信ページ(ECページ)トップバナー

トラウムトレーニング講習会の動画は

動画配信サービス『Allenatore Football Academy』で好評配信中!

これまで継続してご参加された方も、そうでない方も是非、講習会の復習にご利用ください。

第1回トラウムトレーニング 内藤清志氏講習会「止める」

第2回トラウムトレーニング 内藤清志氏講習会「運ぶ」

第3回トラウムトレーニング 内藤清志氏講習会「受ける」

第4回トラウムトレーニング 内藤清志氏講習会「外す」

第5回トラウムトレーニング 内藤清志氏講習会「シュート」

第6回トラウムトレーニング 内藤清志氏講習会「シュート②・まとめ」