東急SレイエスFC スペイン遠征2015レポート・前編

レイエス写真1

2015年3月26日から4月5日の日程で、神奈川県を拠点に活動している東急SレイエスFC(新U−15チーム)の皆様がスペイン・バレンシアにて遠征を行いました。

当遠征では、バレンシアCFのプロコーチによるトレーニング、現地クラブとのトレーニングマッチや小グループに分かれた練習参加のほか、3泊4日のホームステイなどを行い、サッカーだけでなく現地の文化に触れることができるプログラムを実施しました。

レイエス写真3
遠征1日目は飛行機による移動。乗り継ぎも含め約23時間かけ、スペイン・バレンシアへ到着しました。現地の天気は快晴でサッカーには最適なコンディションでした。ホテル到着後には弊社所属の指導者、尾崎剛士によるオリエンテーションを行い、スペインで生活する上での心得、スペインと日本のサッカーの違いなどを説明してもらいました。

 

レイエス写真2
レイエス写真4

 
遠征3日目は午後からバレンシアCFのプロコーチによるトレーニングを実施。指導いただいたマグロコーチの情熱的かつ緻密なトレーニングは選手・スタッフの皆様にとって大きな刺激となったようです。トレーニング終了後はホテルからほど近い所に位置する現地街クラブ、アルボラヤUDのスタジアムでユース年代のリーグ戦を観戦しました。ちょうどダービーマッチということもあり、非常に強度の高い試合が行われていました。

 

レイエス写真5
レイエス写真6

遠征4日目は日帰りバルセロナ観光を行いました。バスでバルセロナに到着し、最初に向かった先はFCバルセロナの本拠地、カンプ・ノウ。スタジアムツアーを行い、世界レベルの選手たちが活躍するスタジアムを前にした選手たちは興奮を隠せない様子でした。その後はレストランで昼食をとり、世界遺産のサグラダ・ファミリアを訪れました。サグラダ・ファミリアを見学した後は、地下鉄を利用して中心街へ。選手たちはグループに分かれ、ランブラス通りで買い物を楽しみました。

 

レイエス写真7
レイエス写真8

遠征5日目は午前からチームトレーニングを行いました。その後、午後から3泊4日の日程で行うホームステイに向けたスペイン語講座を行い、選手たちは2〜3名のグループに分かれホームステイ先へと移動しました。夕方からは5グループに分かれ現地街クラブ(アルボラヤUD、プランテールCF)の練習に参加。このホームステイ期間で選手たちは、それぞれ地下鉄などを利用して練習場へと移動したり、スペイン語や英語でコミュニケーションをとるという難しい課題に取り組みました。

 

遠征6日目以降は後編をご覧ください。

【弊社の海外研修サポートについてはこちらをご覧ください】