小澤一郎『スポーツナビ』掲載記事のお知らせ「大社が実践する“中西メソッド”とは? 3年間の集大成として選手権に挑む」

小澤一郎『スポーツナビ』掲載記事のお知らせ「大社が実践する“中西メソッド”とは? 3年間の集大成として選手権に挑む」

<小澤一郎 掲載記事のお知らせ>

 

スポーツナビ
大社が実践する“中西メソッド”とは?
3年間の集大成として選手権に挑む

 

12月30日に開幕する第94回全国高校サッカー選手権大会で、島根県代表として4年ぶり9回目の出場を決めた県立高校の大社高校。

県予選決勝で夏の高校総体ベスト4の立正大淞南を破った当校には、現在スポーツジャーナリストとして活躍する中西哲生氏が3年前から技術指導の“臨時コーチ”として参加している。

31日に優勝候補の一角である青森山田との初戦を控える大社は28日に関東入りし、神奈川県内でトレーニングを行った。

中西哲生氏も参加したそのトレーニングに小澤一郎が取材し、中西メソッド、そして大社高校について取り上げています。

ぜひ、ご覧ください。


 
title_pc1 (1)

athlete club
小澤一郎「投じる育成」
http://athleteclub.net/ichiro_ozawa/
 
「育成でしか、変えられない」
 
サッカージャーナリストの小澤一郎はそう考えています。
 
「投じる育成」では、スペインと日本で育成年代の指導に携わった経験を持つ小澤がジャーナリストとして日本のサッカー界、スポーツ界に“一石を投じる育成”を論じながら、株式会社アレナトーレのスポーツマネージメント事業部で行なっている“投資する全く新しい育成”のプログラム内容を特別に一部公開します。
 
なお、当athlete clubの売上の一部は、株式会社アレナトーレが投資する全く新しい育成プログラムのために使用させて頂きます。
 
つまり、メンバーとなって頂くこと自体がトップアスリートの育成、人間教育に投じるアクションとなります。
http://athleteclub.net/ichiro_ozawa/
 
athlete clubについてはこちら
http://athleteclub.net/