小澤一郎『スポーツナビ』掲載記事のお知らせ「高校サッカー選手権で見えた3つの傾向 戦国時代が終わり、幕を開けた新時代」

小澤一郎『スポーツナビ』掲載記事のお知らせ「高校サッカー選手権で見えた3つの傾向 戦国時代が終わり、幕を開けた新時代」

<小澤一郎 掲載記事のお知らせ>

 

スポーツナビ
高校サッカー選手権で見えた3つの傾向
戦国時代が終わり、幕を開けた新時代

 

1月11日に行われた第94回全国高校サッカー選手権大会は、東福岡高校が決勝で國學院久我山高校を5−0という大差で下し、17年ぶり3度目の優勝を果たして幕を閉じた。

小澤一郎が今大会を3つの傾向を踏まえて総括しています。

ぜひ、ご覧ください。

小澤一郎による國學院久我山高校関連の記事はこちら

初優勝を狙う國學院久我山の司令塔、名倉巧のタレント性
http://bylines.news.yahoo.co.jp/ichiroozawa/20160111-00053298/

「制約があるからアイディアと工夫が生まれる」、初4強・國學院久我山の逆転の発想
http://bylines.news.yahoo.co.jp/ichiroozawa/20160106-00053139/

「新しい世代の指導者を育てたい」、選手権8強の國學院久我山総監督がベンチ入りしない理由
http://bylines.news.yahoo.co.jp/ichiroozawa/20160103-00053079/

「柔よく剛を制す」久我山が初戦突破 チームを下支えする“三栖トレ”の効果
http://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201512310002-spnavi

過保護は男をダメにする!選手権4強の國學院久我山も実践する”自立”の育て方
http://www.sakaiku.jp/column/thought/2016/010850.html


 
title_pc1 (1)

athlete club
小澤一郎「投じる育成」
http://athleteclub.net/ichiro_ozawa/
 
「育成でしか、変えられない」
 
サッカージャーナリストの小澤一郎はそう考えています。
 
「投じる育成」では、スペインと日本で育成年代の指導に携わった経験を持つ小澤がジャーナリストとして日本のサッカー界、スポーツ界に“一石を投じる育成”を論じながら、株式会社アレナトーレのスポーツマネージメント事業部で行なっている“投資する全く新しい育成”のプログラム内容を特別に一部公開します。
 
なお、当athlete clubの売上の一部は、株式会社アレナトーレが投資する全く新しい育成プログラムのために使用させて頂きます。
 
つまり、メンバーとなって頂くこと自体がトップアスリートの育成、人間教育に投じるアクションとなります。
http://athleteclub.net/ichiro_ozawa/
 
athlete clubについてはこちら
http://athleteclub.net/