小澤一郎『フットボールチャンネル』掲載記事のお知らせ「大儀見優季が吐露した本音。“サッカーを語らない”メディアへの疑問。問われる報道姿勢」

小澤一郎『フットボールチャンネル』掲載記事のお知らせ「大儀見優季が吐露した本音。“サッカーを語らない”メディアへの疑問。問われる報道姿勢」

<小澤一郎 掲載記事のお知らせ>

 

フットボールチャンネル
大儀見優季が吐露した本音。“サッカーを語らない”メディアへの疑問。問われる報道姿勢

 

リオ五輪の出場権を逃したなでしこジャパン。

これまで功績もあってか、ひとたび五輪予選出場が厳しくなると、五輪予選期間中にはさながらゴシップのような報道があふれかえることとなった。

本来サッカーメディアに求められる役割とは何なのか?

今後のなでしこジャパン・日本サッカーの成長につなげるためにも、ピッチ上で起こっていた問題点を分析し、記事にすることで小澤一郎自身がメディアとしてとるべき姿勢を表現しています。

是非、ご覧ください。


 
title_pc1 (1)

athlete club
小澤一郎「投じる育成」
http://athleteclub.net/ichiro_ozawa/
 
「育成でしか、変えられない」
 
サッカージャーナリストの小澤一郎はそう考えています。
 
「投じる育成」では、スペインと日本で育成年代の指導に携わった経験を持つ小澤がジャーナリストとして日本のサッカー界、スポーツ界に“一石を投じる育成”を論じながら、株式会社アレナトーレのスポーツマネージメント事業部で行なっている“投資する全く新しい育成”のプログラム内容を特別に一部公開します。
 
なお、当athlete clubの売上の一部は、株式会社アレナトーレが投資する全く新しい育成プログラムのために使用させて頂きます。
 
つまり、メンバーとなって頂くこと自体がトップアスリートの育成、人間教育に投じるアクションとなります。
http://athleteclub.net/ichiro_ozawa/
 
athlete clubについてはこちら
http://athleteclub.net/