東急SレイエスFC スペイン遠征2016レポート・前編

IMG_2713

2016年3月26日から4月4日の日程で、神奈川県を拠点に活動している東急SレイエスFC(新U−15チーム)の皆様がスペインのバルセロナ、バレンシアにて遠征を行いました。

当遠征では、昨年に引き続き現地クラブとのトレーニングマッチやレバンテUDのプロコーチによるトレーニングと試合分析、小グループに分かれた現地クラブへの練習参加のほか、2泊3日のホームステイなどを行なってサッカーだけでなく現地の人と文化に触れることができるプログラムを実施しました。

IMG_2711
IMG_2714

遠征初日は成田空港を出発し、スイス、チューリッヒ空港まで12時間、チューリッヒ空港からバルセロナ空港まで2時間弱の長旅を経て、無事バルセロナ=エル・プラット空港に到着しました。空港到着後はバスにて宿泊先AGORAへと移動しました。

 

IMG_2730
IMG_2745

遠征2日目は、体の重さを解消するための早朝ランニングから始まりました。朝食後はバスでバルセロナ市内へと向かい、バルセロナの象徴とも言えるサグラダファミリアで写真撮影を行いました。その後海岸沿いを散歩し、観光客で賑わうランブラス通りをグループ別で散策しました。

 

IMG_2751
IMG_2756

昼食にパエリヤなどのスペイン料理を食べ、遠征最初の強化試合を行うために試合会場へと向かいます。試合前、最初は同年代にもかかわらず大人びた雰囲気と体の大きさに萎縮している様子が見受けられましたが、試合に入ると相手が嫌がるようなボディコンタクト、強度の高いプレーを見せていました。

 

IMG_2754-1
IMG_2772

試合は三つ巴形式のミニトーナメントで、1試合目はオスピタレット、2試合目はベルビッチェと対戦しました。1試合目は3-0と快勝しましたが、2試合目は先制するも追いつかれる展開となりPK戦の末、残念ながら敗れてしまいました。

 

IMG_2804
IMG_2797

遠征3日目は、お昼過ぎにバルセロナの古豪ガバと強化試合を行いました。相手チームには昔FCバルセロナでプレーしていた選手もおり、レベルの高いチームではありましたが、3-1で勝利をおさめました。

 

IMG_2814
IMG_2819

強化試合後、再びバルセロナ市内へと戻り、FCバルセロナのホームスタジアム『カンプ・ノウ』近くのレストランで昼食を食べました。昼食後カンプ・ノウまで移動し、スタジアムツアーとバルサショップで買い物を行いました。

 

IMG_2824
IMG_2836

カンプ・ノウでは先日逝去したヨハン・クライフを悼むセレモニーが行われており、選手たちは貴重な経験を積めたのではないでしょうか。ツアー後、バスでバレンシアへと移動します。4時間ほどの移動の後、無事バレンシアのホテルOLYMPIAに到着しました。

 

IMG_2839
IMG_2845

バレンシアに到着して一夜が明け、恒例の早朝散歩から遠征4日目が始まりました。朝食後、すぐにチェックアウトの準備を行い、ホームステイ先へと向かいます。ホームステイ先に向かう前に、バレンシアで指導者として活躍する弊社所属の尾崎剛士からオリエンテーションが行われました。

スペインでサッカーをするということはどういうことなのか?

ホームステイ先での諸注意はもちろん、スペインサッカーにおける心構えなどをレクチャーしてもらいました。

 

IMG_2849
IMG_2855

ホテルを出発し、ホストファミリーと待ち合わせしている場所に移動します。無事ホストファミリーと対面でき、選手達は少しホストマザーたち圧倒されながらも各家庭へ向かって行きました。

 

IMG_1235
IMG_1782

各家庭で昼食、休憩を行なった後、バレンシアの街クラブ、アルボラヤ、プランテールと三つ巴の試合を行いました。試合は2戦ともに勝利し、相手チームのディレクターからも「素晴らしいチームだ」と賞賛をいただくほどのパフォーマンスを見せてくれました。

5日目以降の様子は後編をご覧ください。(後編はこちら

【弊社の海外研修サポートについてはこちらをご覧ください】

当遠征の様子は東急SレイエスFCのブログでもご覧いただけます。こちらも是非ご覧ください。

東急SレイエスFCのブログはこちら

現地でアテンドをした弊社所属の尾崎剛士のブログでも当遠征について取り上げています。
そちらもどうぞご覧ください。
osaki_blog_banner