坪井健太郎『フットボールチャンネル』掲載記事のお知らせ「ブラジル戦で見えたリオ五輪代表の守備の課題。受け身の「待つ」守備では世界と渡り合えない【坪井健太郎の視点】」

坪井健太郎『フットボールチャンネル』掲載記事のお知らせ「ブラジル戦で見えたリオ五輪代表の守備の課題。受け身の「待つ」守備では世界と渡り合えない【坪井健太郎の視点】」

<坪井健太郎 掲載記事のお知らせ>

 

ブラジル戦で見えたリオ五輪代表の守備の課題。受け身の「待つ」守備では世界と渡り合えない【坪井健太郎の視点】
(文:坪井健太郎/構成:小澤一郎)

 

リオオリンピック直前の強化試合でブラジル代表に完敗を喫したリオ五輪日本代表。
 
先月末に『サッカー新しい守備の教科書』(カンゼン)を上梓した坪井健太郎が、この試合におけるリオ五輪日本代表の守備について分析しています。
 
記事では、まず坪井が普段、守備のプレーモデルを分析する際のポイントについて言及し、その上で日本の守備がどうだったのかを説明しています。
 
「『日頃どのレベルでプレーしているのか』が如実に出たゲーム」と評する理由とは?
 
ぜひ、ご一読ください。


 
サッカー 新しい守備の教科書 優れた戦術は攻撃を無力化させる

バルセロナやスペイン代表のサッカーが一時代を築く一方で、対戦相手はどうすればそのサッカーに勝てるのかを試行錯誤しながら、結果として守備戦術のレベルを高めていきました。それがここ数年の世界におけるサッカーの流れであり、進化でもあります。

ご購入はこちらから